2012年11月17日

逮捕されたアナウンサーはNHKの…

NHKのアナウンサー、森本健成さんが痴漢容疑で逮捕されたとか。痴漢って本当にやる馬鹿のせいで冤罪も蔓延してるんですよね。今まで有罪になった人の何割かは冤罪だと思ってます。女性の証言1つでそれが嘘だろうが人生が終了する現在では完全に女尊男卑ではないでしょうか?この現状が改善しない中で男女平等がどうとか聞いて呆れますね。取りあえず、本当にやった奴はしっかり取り締まるべきですね…強姦などの性犯罪者にも言えますがそういうことする奴は切り取るとかですね。
冤罪だった場合は男性が完全に被害者なので、加害者側を取り締まると共に賠償も必要かと思いますよ。

さて、本日はおすすめのアニメとして六門天外モンコレナイトを紹介します。
これは2000年に放送されていたアニメです。グループSNEが開発、富士見書房が発売したトレーディングカードゲーム『モンスターコレクション』を原作としたアニメで、現在『モンスターコレクション』はソーシャルゲームにもなっていたかと思います。カードゲームとしては私もやっている遊戯王や、子ども達に人気のデュエルマスターズ、バトルスピリッツなどに比べたら知名度も高くはないと思います。
アニメが放送されたのも10年以上前だからというのもありますが。私の周りにも残念ながら知っている友人は少ないです。ヒロインは人気声優の堀江由衣さんなので、もう少し話題になっても良さそうなんですが。

ちなみにモンコレは2009年8月からはモンスター・コレクション・トレーディング・カード・ゲーム(MONSTER COLLECTION TRADING CARD GAME)として、ブロッコリーが販売元となって展開されていましたが、2011年8月より正式にブシロードの取り扱いとなっています。

ストーリーはこんな感じです
モンスターの存在する異次元世界「六門世界」と、そこに眠る秘宝「モンモンアイテム」を研究していた科学者・柊一郎兵衛は、人間界と六門世界を結ぶ移動手段としてスットビドラゴン号を完成。一郎兵衛は、娘の柊六奈と、彼女のクラスメイトで同じく六門世界とモンスターの存在を信じてやまない少年・大矢門斗を連れて冒険の旅に繰り出す。しかし、同様に六門世界征服のためにモンモンアイテムを狙うコレクション伯爵一味が立ち塞がる。
モンコレナイトの2人(門斗と六奈)は六門世界のモンスター達と力を合わせ、コレクション伯爵を退治しながら2つの世界の友好のためにモンモンアイテムを探していく(wikiの六門天外モンコレナイトのページより抜粋)

タイムボカンのパクリだという話も聞いたことありますが、何かを何かのパクリと言い出したら世の中パクリだらけになりますよね。設定が全く何とも似ていない作品自体が珍しいと思います。烈火の炎と幽遊白書が似てるとか聞きますが両方読めば別物だってわかりますしね。まあどこかの国みたいな明確な盗作はアウトですがね(笑)
OPの「Return to myself」(第27話 - 第51話)は今でも鮮明に覚えています。カッコイイ名曲だと思ってます。アニメ自体も様々なモンスターが登場して面白いと思います。
デジモンとかいろんなモンスターが登場するアニメが昔好きだったけどこれを知らない人やそのようなお子さんが居る方、ぜひ一度手に取ってみてください。


posted by スモチ at 14:29| Comment(0) | 懐かしのアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

解散なんかより大きなニュース

森光子さんが亡くなったとニュースになっていますね。森さんのご冥福をお祈りします。
民主党解散が霞んで見えるほどの大きなニュースだと思います。遅かれ早かれ沈むのが分かっていた泥舟が沈むのが確定したことより、国民栄誉賞を取った大女優の訃報が衝撃ですが、解散のことも忘れないようにしなくてはいけません。


話は変わります。小さなニュースですが個人的には嬉しいことがあったので取り上げたいと思います。以前も紹介した「THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 05」が、11/19付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:11/5〜11/11)で初登場9位を記録したそうですね。もっと上位に行って欲しかったですがこちらは嬉しいニュースです。
では、簡単に感想を

生っすか第五部OPトーク
大人しい2人でどんな展開が起こるのか期待してたら天然で可愛い2人の様子が目に浮かぶようなトークでした。

「Little Match Girl(M@STER VERSION)」
千早と雪歩2人の歌声がより一層楽曲の良さを引き出しているように思いました。雪歩の持ち歌的なイメージでしたがこれも大好きです。毎日聴いてます。

小鳥チャレンジのコーナー
小鳥さんが可愛い。メッキがはがれていく小鳥さん可愛い。

「風の魔法」
ポポロクロイス物語のEDを雪歩がカバーしたもの。雪歩の優しい歌声ととてもマッチした素敵なカバーとなっています。

「以心伝心しよう」
昔、NHKのみんなのうたで使われていたそうです。私は当時3歳なんで記憶にはないですが(笑) 小鳥さんの綺麗な歌声が素敵で元気になる曲です。

「Shangri-La」
「蒼穹のファフナー 」OP。難しい曲を見事に歌いきっています。流石、千早です。千早の歌声とも相性が良いと思います。

雪歩チャレンジのコーナー
雪歩の焼肉。チャレンジは予想外の展開に…
雪歩が焼いた肉食べたいよぉ!!

「小さきもの」
劇場版ポケモン「七夜の願い星ジラーチ」の主題歌です。これはまた難しい曲を…
千早だからできたカバーって感じですね。

「アムリタ」
「ツバサ・クロニクル」の劇場版主題歌ですね。雪歩の歌声ととても相性の良い素敵な曲です。ついリピートして聴いてしまうのは私が雪歩ファンだからというだけではないはず!

「ありがとう・・・」
確かKOKIAの曲だったと思います。「小鳥さん、ぜひあなたをプロデュースさせてください!!」そう言いたくなるような美しい歌声。そして素敵な歌詞。素晴らしいカバーです。

千早チャレンジのコーナー
千早がお笑いチャレンジであれを… 気になる方はCDをどうぞ(笑)

「初恋 〜五章 永遠のクリスマス〜」
初恋の最終章。その結末は…

アンコール!!
プロデューサーから重大発表が!!

気になる方はぜひ聴いてみてください。絶対に損はしないと思います!!

posted by スモチ at 20:05| Comment(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

アニめし!あなたが食べたいものは?

ストライクTV特別編でランキングやってましたね。ランキング自体は以前見たことがあるため知ってましたが男女共通で ギャートルズの肉が出てるあたり、アニメの大きな肉を食べてみたいと感じる人が多いのでしょうね。

そんな私は「ドラえもん のび太の日本誕生」に登場する、「畑のレストラン」という道具です。
缶詰に入った種を畑に植えると、1日とかからずに丸々としたダイコン状に育ち、それを2つに割ると中にできたての温かな料理が入っている。という道具なんですが、グルメテーブルかけの方が楽かもしれませんが道具としてはとても面白いと思います。
幼い頃テレビで放送されていたのを見て、食べてみたいと思ったのは確かですよ。ちなみにのび太は器である大根ごと食べていたので器まで食べられる凄い料理って感じですね(笑)

さて、その「ドラえもん のび太の日本誕生」は1989年3月11日に公開された映画です。当時私はまだ生まれてませんよ。

物語としては、のび太たちがそれぞれ家出をしよう!と考えるんですが、土地には持ち主が絶対にいるため行く場所もない。じゃあ、みんなで誰も居ない過去に行こうと考えタイムマシンで過去に飛びます。
そして一時帰宅したところを、時空乱気流に巻き込まれて現代に現れた原始人の少年ククルに出会う。ククルの一族であるヒカリ族は、凶暴なクラヤミ族と精霊王ギガゾンビの襲撃を受けたという。のび太たちはヒカリ族を救うために敵に立ち向かうこととなる。

観たのは幼い頃ですが今も記憶に残ってる素晴らしい映画だと思います。
のび太が生み出した架空動物も登場するなど、特に子供にとってはワクワクの連続だと思います。
私に近い年代や年上の方には懐かしい名作ではないでしょうか。
近年はドラえもんの映画のリメイクがされているので、これもリメイクされるんでしょうね。
今の子ども達にとっては声が違っていて違和感を与えるかもしれません。でも私は大山のぶ代さんのドラえもんを観て育ったと言っても過言ではありません。思い出深い作品であり、ぜひ今の子ども達にも観て欲しいです。親子で観て欲しい作品でもあります。長く続く名作は親子で観るという楽しみもよりいっそう大きなものであると思います。
幼い頃に家族で、近所のスクリーンが1つしかない小さな文化会館で上映されたドラえもんの映画(もちろん今回紹介したのとは別の作品ですよ)を観に行ったことは忘れられない良い思い出です。



posted by スモチ at 22:50| Comment(0) | 懐かしのアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。