2012年11月11日

本日はポッキーの日なり!しかしなめこアイスが気になります!!

11月11日はポッキーの日と言われてますね。まぁ、棒状の菓子ならトッポでもプリッツでも通用すると思いますが(笑)
そして昨日やっていた世界一受けたい授業では色んなお菓子が簡単に作れるレシピを紹介してましたね。全部美味しそうでしたが私が一番気になるのは「なめこアイス」。栗のような感じがするんだとか。
寒いけど食べてみたい一品ですね。ちなみにポッキーならもう食べました☆定番で美味しいので大好きです。


さて、本日は遊戯王のデッキレシピを公開しようと思います。今回は私が大好きな魔法使い族、魔道のデッキです。次のパックで魔道書が増えますがどう変えていくか、それが問題です。

モンスター13枚
魔道法士ジュノン    3
魔道書士バテル     3
魔道教士システィ    3
魔道戦士ブレイカー   2
エフェクトヴェーラー  2

魔法21枚
グリモの魔道書     3
ネクロの魔道書     2
トーラの魔道書     2
ヒュグロの魔道書    2
アルマの魔道書     2
魔道書院ラメイソン   2
ゲーテの魔道書     1
ディメンションマジック 2
ワンダーワンド     2
死者蘇生        1
大嵐          1
ブラックホール     1

罠6枚
奈落の落とし穴     2
強制脱出装置      2
激流葬         1
神の宣告        1

エクストラ2枚
ガチガチガンテツ    1
No.11ビッグ・アイ   1

このデッキは基本的にエクストラは使いません。ジュノンビートです。
No.11ビッグ・アイ出すよりジュノン2体並べて効果使って殴りますね。ガンテツはバテルが場に残ったら出す程度の考えで。一応ヴェーラーが入ってますがチューナーとしての役割を果たすことは少ないかと。
一応ネクロを使ってレベル操作すればシンクロも幅広くできますが、それに頼るのは安定しないため念のためにシンクロモンスターを適当に投入して15枚にしても良いと思います。一応大会のときはそのつもりです。まだ参加はしていないし、近日の参加予定もないですが(笑)

魔法カードが多めですが初手にグリモかバテルの片方があれば早速サーチできますし、ワンダーワンドでのドロー、ラメイソンで魔道書をデッキに戻しつつドローもできるので比較的よく回ります。
欠点はジュノンに依存することですね。トーラがあるので魔法、罠から守ることやネクロでの蘇生もあるのでジュノンを出しやすいといった点もあるのでそこは利点です。システィのサーチも強力ですが対象モンスターがデッキにないと効果が使えないので注意。
ヒュグロの魔道書の攻撃力1000アップ+サーチは1ターンとは言え強力です。システィに使えば合計3枚のカードをサーチすることも可能ですし。

ただし罠は少なめですね。強制脱出装置は特殊召喚しやすいジュノンを守る手段としても最適なので状況によってはジュノン回収も視点に入れて投入してます。

最近はゴーズやトラゴを使った魔道が大会で頑張っているようですが私は魔法使いモンスターだけで頑張ってみたいと思います。

posted by スモチ at 11:58| Comment(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

水母←これはなんて読むのか?

正解はクラゲだそうです。TOKIOカケルでやってましたね。私はこれだけは読めなかったです。「海月」でクラゲだというのは知ってたんですがこれもクラゲと読むとは…
クラゲって見た目おいしそうには見えないんですけど、やっぱり食べれるんですね。そのうちもっと予想外の食材がテレビに出るかもしれませんね。ちなみに私はこの新企画好きです。

さて、話は変わりますが今回は私が好きなゲーム、「ファイアーエムブレム」を紹介します。
「ファイアーエムブレム」は1990年に1作目、「暗黒竜と光の剣」が出て以来続いているシリーズですね。シミュレーションRPGの代表作とも言えます。死んだ仲間は原則生き返らない(復活アイテムがある作品もある)ため死んだらリセットするかそのまま進むか、それもプレイヤーの自由でありながら魅力的なキャラが多くリセットをしたくなるゲームだと思います。
私のFEデビュー作は「紋章の謎」です。その時からカチュアが一番好きなキャラで、それは今でも変わらないです。
GBAでも発売され、気軽に遊べるようになり今では3DSで「覚醒」が発売され、マリオやゼルダのように多くのゲーム機で発売されている作品でもあります。
FC、SFCの作品はwiiで配信されているし、GBA3作品はDSがあれば遊べますが中古が高かったりあまり見つからなかったりするかも知れません。「蒼炎」と「暁の女神」も中古を見かけませんね。私は全部持ってるので良いですが後からファンになった人は大変かもしれません。
DSはリメイク2作品ですが私はあまりおススメしないですね。「新紋章の謎」はともかく、「新暗黒竜」の仲間を死なせないと進めない外伝があるシステムはちょっと…
兵種変更もシステムとしては悪くないのにリメイクでやってしまったのも良くないと思います。兵種も含めてキャラの個性だと思うので。

「覚醒」の兵種変更はキャラごとに兵種が決まってるので自由度を与えながら制限をつけるといういい感じのシステムになっていたかと思います。
DLCについては賛否両論ですが、DLCが無ければクリアできないわけでもなく欲しい人が買えばいいだけなのでDLCの質に文句をいうなら兎も角、DLC自体を否定するのはどうかと思います。
例えば、牛丼。それは単品で完成されたメニューですが、それに新たに単品の生卵を足すのは自由です。
それと同じことだと思います。DLCは「このゲームをさらに楽しみたい」と思う人向けだと思ってます。
私は有料配信キャラの手抜きには不満ありですが、絶望の未来編とかは好きですよ。

【送料無料】ファイアーエムブレム 覚醒

【送料無料】ファイアーエムブレム 覚醒
価格:4,180円(税込、送料別)


posted by スモチ at 10:25| Comment(0) | ファイアーエムブレム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

旅に危険はつきもの。それはフィクションの中だけであって欲しい

アミューズトラベルという旅行会社が企画した万里の長城ツアーで客らが遭難し3人死亡したというニュースがありましたね。亡くなった方のご冥福をお祈りします。
楽しいはずの旅行、それで起こってしまった悲しい出来事。このようなことを防ぐためにはどうしたら良いのかそれを考える必要がありますね。今回はアミューズトラベルが企画したもので起こりましたが、他の旅行会社が企画したもので今後何かが起こらないとは言い切れません。
なので、いっそガイドがつくとはいえ安全ではないような場所。特に登山だとか洞窟だとか、そういった場所へのツアーを扱う場合は免許制にでもしないといけないのかもしれません。その方がより責任重大となり対策も必然的に徹底したものになるのではないかと思います。

話は変わりますが、本日は懐かしいアニメの紹介をしたいと思います。
「アリス探偵局」というアニメをご存じでしょうか?天才テレビくんで放送されていたアニメです。第1期・第2期各28話で計56話で、第1期は1995年4月5日から1996年1月16日まで、第2期は1996年4月9日から1997年1月21日まで放送されていました。ちなみに同じく天才テレビくん内で放送されていた「アリスSOS」とは関係ないです。どちらも不思議の国のアリスが元になってるのは共通ですけどね。

内容は童話や昔話の登場人物をキャラクターとした推理ギャグアニメです。推理といっても、殺人などは起こらず、基本的には喧嘩や失敗談の解決話です。子ども向けアニメなのでそのあたりは配慮されているんでしょうね。動物の可愛らしいキャラクターも多く、古いアニメではありますが今の子どもたちにも十分楽しめるのではないかと思います。
OPは歌ではなく曲だけのものでしたがとても印象に残る、口ずさんでしまうような楽しいメロディです。これも子どもに人気になりそうな要素かと思います。
さて、今回これを紹介した理由としてDVDボックスが出るからというのがあります。当時見ていたファンだけでなく、当時を知らない今の子ども達にもぜひ観て欲しいアニメです。
当時子どもだった方で今お子さんが居る方はぜひ親子一緒に観てみてください。


posted by スモチ at 11:27| Comment(0) | 懐かしのアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。