2012年11月03日

男は度胸、女は愛嬌 続きあったのかぁ

坊主はお経が正解だとか。これは聞いたことあったけど誰かがゴロ合わせ的な感じで付け足しただけだと思ってました。これが正解だとは知らなかったです(笑)

さて、話は変わりますが今週の週刊少年サンデーではハヤテのごとくが休載で寂しかった私です。
連載開始当時からずっとファンなので休載だとハヤテが読めないので、一週間の行動の1つが欠けたようなそんな感じです。

そのハヤテのごとくですがキャラソンもとても注目するべき作品かと思います。
特にヒナギク!彼女はキャラソンのアルバムを2枚も出すほどです。キャラ人気は勿論、曲も素晴らしく、声優の伊藤静さんの歌声が魅力的。それらの要素が音楽関係の作品ではないにも関わらずアルバムが2枚出るほどの人気になったんでしょうね。
キャラソンが売れたのはハルヒとかけいおん等もそうですね。けいおんの場合は音楽関係なんで売れてもおかしくはないってのはありますが、キャラソン人気が高かったのは事実ですね。
ちなみにキャラソン人気=キャラ人気とは断言できないってのもありますね。作品ファンの中では一番好きなキャラ以外のキャラソンを買う人もいますし、作品を知らない場合でも声優ファンからしたらキャラソンである以前にその声優さんが歌ってる曲として聴くことができますから。

あくまで私個人の意見ですがキャラソンは、「そのキャラらしさ」というのも重要になると思います。歌の上手い下手ではなく、いかにキャラらしさを表現できるか。例えば、音痴なはずのキャラのキャラソンが上手かったらそれはそれで、曲としてはよくてもキャラソンとしてはどうなんだろうとなるかもしれません。勿論曲自体のキャラらしさも大切ですね。曲の場合は予想外のものが意外と似合っていたり、ギャップが良かったりする場合もあって一概には言えませんが。そこがキャラソンの面白いところですね。

ヒナギクのキャラソンは曲もヒナギクらしい感じで、さらに私が伊藤静さんのファンで、ヒナギクも大好きということでキャラソンとしては最上級だと思ってます。聴いたことない人はぜひ聴いてみてください。

posted by スモチ at 10:44| Comment(0) | ハヤテのごとく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。