2012年12月31日

【朗報】雨上がり決死隊、宮迫さん復帰

昨日の『アメトーーーーーーク!大賞 5時間スペシャル』で宮迫さんが復帰しましたね。
やっぱり雨上がり決死隊は二人揃っていて欲しいですね。
番組内容はとても面白かったです。見損ねていた回の映像も見れましたし、今年の面白かった映像もいくつか見れたのも嬉しかったです。デブとガリガリの石塚さんとアンガールズを同じ楽屋に入れた映像とかも面白かったですね。チュートリアル徳井さんのおっぱい事件とかも(笑)
この番組には来年からも期待しています。

ちなみに今夜は笑ってはいけないを見ます。

さて、今年最後の記事になります。
今回はアイドルマスターについて。先日のレコード大賞で一瞬ではありますが、企画賞としてアイマスのCDも紹介されたそうです。入っているのは事前のニュースで知ってましたけどね。
一瞬とはいえ、「きゅんっ!ヴァンパイアガール」をあの時間帯に流すのはちょっと気まずくなるんじゃないかなと(笑) 私はこの曲大好きですよ!!でもテレビで紹介するなら「七彩ボタン」あたりにしといた方が無難なんじゃないかと思ったり。

今年はアイマスに関しては色々ありました。モバマスでかなり課金したりとか、シャイニーフェスタを必死にやったりとか、ナターリアの誕生日でケーキホール食い+回転寿司行ってダメージ受けたから学習して雪歩の誕生日は普通に祝ったりとか…
お金はかかってますがアイマスにハマって後悔はしていません。アイマスにはハマる前から曲は知っていて良い曲だなと思うことも多かったです。キャラだけではなく曲も魅力的なのがアイマスの良いところの1つだと思います。
シャイニーフェスタのCD発売はまだですかね…edeN大好きなんですよ。

来年からもアイマスには期待しています。今日はアイマスの楽曲をBGMに勉強をしようと思います。
では、みなさん良いお年を!!

posted by スモチ at 11:10| Comment(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

しばくぞおじさん

昨日のすべらない話観ました。陣内さんの「しばくぞおじさん」の話大笑いしました(笑)
他の話も面白かったですが、この話はかなり印象に残りました。しばくぞおじさん自体は以前に結構話題になってたそうですが知りませんでした。私がツイッター始めたのは9月頃でしたし。

余談ですが、今夜はアメトーーク観ます。年末年始は普段あまりテレビ観ない時間帯でも、好きな番組のスペシャルがやってるのでテレビつけてます。


さて、今回はリリカルなのはについて。「魔法少女リリカルなのはViVid」を取り上げます。
『魔法戦記リリカルなのはForce』と共に発表されて、雑誌は別ですが現在両方連載されています。
ViVidは月刊コンプエース、Forceは娘TYPEで連載中です。
ちなみにコミックは通常のものと、既に発売されたものを追う形でフルカラーも発売されました。普通に読みたいなら通常のもので問題ないと思います。確かカラーの方は発行が遅かったはずなので。
時間軸としては、『StrikerS サウンドステージX』と『Force』の間で、『Force』の2年前です。

この物語は今までのなのはとは違ってスポーツ格闘魔法少女といった感じですね。彼女達の世界の格闘技、ストライクアーツというスポーツの試合というルールの中での戦いです。
主人公のヴィヴィオ達の成長やほのぼのした日常が描かれています。強大な敵と戦う熱いバトルも良いですがこういった展開も私は好きです。

また、主人公が強すぎないこと。これは魅力だと思います。ヴィヴィオは試合で途中で負けてしまいましたが、そのような負けがあったからこそ成長もありますし。なのはだって最初からフェイトに勝てる実力を持っていたわけではありませんしね。
負けた悔しさはある、でも試合は楽しい、次はもっと強くなる。そんなスポーツ漫画のような魔法少女漫画、今後の展開と彼女たちの成長が楽しみです。


posted by スモチ at 11:08| Comment(0) | リリカルなのは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

ウクライナシンクロ

ウクライナのシンクロネタが「とんねるずのみなさんのおかげでした」SPでやってましたね。なんかこのネタが話題になってますが他のネタも面白かったです。あと、ノートルダム。

後は昨日は、ものまね見てました。分からないネタが出るとああいう番組はちょっと困りますね(笑)
似てるか似てないか分からないので


さて、本日はオススメのアニメ映画、「ポケットモンスターミュウツーの逆襲」についてです。
ミュウツーの逆襲は初代ポケモン映画です。

幻のポケモン・ミュウの睫毛を元に、ロケット団により戦闘能力などを強化され人工的に作られたポケモン・ミュウツーは、その不純な生立ちから自身の存在意義を見出せずに答えなき自問自答に苦しんでいた。
やがてミュウツーは自分を造った組織を裏切ったことをきっかけに、ポケモンを統制するシステムへの反発や自分を利用するためだけに作り出した人間たちへの憎しみから人類に対する「逆襲」を企てる。
一方、旅を続けるサトシ達の前に、一通の招待状を携えたカイリューが現れた。招待状は謎の女性の姿を映し出し、優秀なトレーナーたちをポケモン城へ招待したいと説明する。サトシはすぐさまポケモン城へ向かうことを決め、招待状のYESの欄にチェックを入れる。嵐で荒れた海を渡り、ポケモン城へたどり着いたサトシ達は、そこで同じく招待状によって招かれた三人のトレーナーと出会った。
だが、サトシ達が受け取った招待状は、ミュウツーが計画する「人間たちへの逆襲」の始まりでしかなかった。サトシを初めとするトレーナー達は強大な力を持つミュウツーや彼が作り出したコピーポケモンの前に歯が立たず、より強いコピーポケモンを作ろうとするミュウツーに手持ちのポケモンを奪われてしまう。一方その頃、サトシを追ってポケモン城にやってきたムサシ・コジロウ・ニャースは、城の地下に広がるコピーポケモンの製造所に迷い込み、そこでコピーポケモン達が作られる過程を目の当たりにすることになる。
そんな中、ミュウツーの前に彼のオリジナルであるミュウが現れる。自分の「本物」であるミュウに敵意を露にし、「本物」であるミュウと「コピー」の自分のどちらが強いかを決めようと戦いを挑むミュウツーに、ミュウはある提案を持ちかける。それは、自分達だけでなくコピーポケモン達とそのオリジナルのポケモン達を戦わせることで「本物」と「コピー」のどちらが強いかを決めるというものだった。(ポケットモンスターミュウツーの逆襲wikiより)

命とは何か、存在とはなんなのか、そんなメッセージが込められた作品でもあると思います。
コピーもオリジナルも関係ない。例え造られた存在でも今は確かにそこに生きています。人に造られた生命というキャラクターは他の作品でも見られ珍しくはないですが、色々考えせせられる映画になっています。

続編『ポケットモンスター ミュウツー! 我ハココニ在リ』も映画と合わせて観て損はしません。
こちらは映画ではなくテレビで放送されましたがDVDもあります。

ちなみに、同時上映「ピカチュウのなつやすみ」は可愛らしい作品になってます。

ぜひ親子で楽しんで欲しい映画です。



posted by スモチ at 10:00| Comment(0) | 懐かしのアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。