2012年12月22日

関根麻里と韓国人歌手・Kが

タレントの関根麻里と韓国人歌手・Kが交際との報道がありましたね。感想としては、「そういえば何年か前にそんな歌手がテレビに出てたような気がする」というくらいですかね。
なんかこのニュースが話題としては、結構大きかったようですが私は別のニュースの方に注目しましたよ。

ローラがショートヘアにした姿をブログで公開したということで、私も見ました。以前の髪形も素敵でしたが、ショートも可愛いですね。ローラのあのキャラはローラだから許されるってレベルの個性的なものですし、更に可愛いしで私はローラ好きですよ。

さて、今回は遊戯王について。レプティレスデッキです。
今回からカード枚数を左側に書いてみました。この方が数字の位置が揃うので

モンスター25枚
3 レプティレス・ナージャ
3 レプティレス・ガードナー
3 レプティレス・ヴァースキ
3 バトルフェーダー 
2 邪帝ガイウス
2 ハウリング・ウォリアー
2 溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム
2 カードカー・D
2 トラゴエディア
2 デブリ・ドラゴン
1 冥府の使者ゴーズ

魔法12枚
2 強欲で謙虚な壺
2 サイクロン
2 強制転移
1 悪夢再び
1 大嵐
1 ブラックホール
1 闇の誘惑
1 スケープ・ゴート
1 死者蘇生

罠3枚
2 激流葬
1 神の宣告

エクストラ15枚
1 オリエント・ドラゴン
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
1 スクラップ・ドラゴン
1 虚空海竜リヴァイエール
1 発条機雷ゼンマイン
1 .17リバイス・ドラゴン
1 .30破滅のアシッド・ゴーレム
1 ジェムナイト・パール
1 インヴェルズ・ローチ
1 ガガガガンマン
1 交響魔人マエストローク
1 バハムート・シャーク
1 .39希望皇ホープ
1 .50ブラック・コーン号
1 No.106巨岩掌ジャイアント・ハンド

このデッキは爬虫類族のレプティレスを中心としたデッキです。ハウリング・ウォリアーはランク3エクシーズにつなげやすいようになってます。バトルフェーダーを再活用できて役立ちます。また、バトルフェーダーは邪帝ガイウスの召喚にも活用できます。
基本的にはナージャの効果を活用しつつヴァースキの召喚を狙います。ガードナーが2枚並べばバハムート・シャークも召喚できます。
それらを妨げるバウンサー等のこちらの効果を無効にするモンスターはラヴァ・ゴーレムで除去してしまいましょう。リリースなので破壊耐性も関係なく一方的に除去できます。
もし、強制転移で素材のないアシッドゴーレムを押し付けることができたら合計で3000ダメージになりますが無理に狙う必要はないです。バハムート・シャークは出せたら良いなくらいの感覚でいてください。狙うならそれに特化したデッキにした方が効率良いので。

また、スケープゴートの採用により必要なリリースの確保だけでなく、デブリ・ドラゴンでのシンクロもやりやすくなっています。
大会で上位というのは無理でもフリーでなら十分楽しめると思います。




posted by スモチ at 11:12| Comment(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

結婚しない 最終回

最終回らしい感じでしたね。
登場人物たちが進む道を示してきましたね。最後に、あの噴水の前で、あの警官が登場して最初を思い出すような終わり方でした。
私は、男女の関係よりも千春と春子の友情の方が良く描かれていたようにも感じました。
カップルとしては成立してもタイトルの通り「結婚しない」状態で終わったのは良いと思いますよ。愛の形は決まってないから結婚で終わる必要性なんて無いですから。
ダイヤモンドリリーの花言葉、「また会う日を楽しみに」。これもこの最終回に相応しい言葉だと思います。
余談ですが次からのドラマの予告で、次からは離婚をテーマにしてるものだと分かった時は少し笑いました(笑)

そしてもう一つ、テレビ関係で話を。録画していた「TOKIOカケル」SPを今日は休みなので朝から観てました。
「若布」をなんと読むかと出てましたが、これはワカメですね。比較的簡単な問題かと思います。

さて、本日はオススメの漫画についてです。「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」という『ガンガンONLINE』で連載されている漫画です。

黒木智子は喪女である。
女子高生になれば何もしなくてもモテモテだ。そんなふうに考えていた時期が彼女にもあった。しかし、入学して2ヶ月経っても彼氏ができるどころかクラスメイトともろくに会話もできず、焦り出した智子は行動を開始した。しかし、人見知りで他人とのコミュニケーションが苦手な彼女にとって、まず家族以外の人間とまともに会話することから始めなければならなかった。
これは、モテない女子高生がモテるようになるために、見当違いの努力と虚しい奮闘を重ねる物語である。
(私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!wikiより)

これは主人公の立場上、向き不向き分かれますが私は面白いと思います。1話完結ですし、無料公開してるものを読んでみて面白いと感じたら買ってみてください。アニメ化の情報があったので、気になる方はアニメが始まる前に手に取ってみてください。







posted by スモチ at 11:17| Comment(0) | 漫画 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

「いいとも」でヤラセ疑惑!? 

出演した“一般女性”がお笑い芸人と発覚して非難の声が上がっているとか。いいとも観てないので、まとめサイト等を見て知りました。
問題のコーナーですが19日に放送された同番組内での「X'mas直前緊急企画! アルタで逢いまショー」と題された企画です。ネット上で知り合った男女が、これまでお互いに秘密にしていた“本当の”プロフィールを明かした上で初対面し、カップル成立を目指すという内容。結局、カップルは成立せず。
これだけ見れば、まあ企画としては別に問題はなさそうです。しかし、問題になったのは出演した女性の方。この女性、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人・はら。であることが判明したそうです。普通は一般人同士だと思いますからね。芸能人であれば、それをちゃんと言えば良かったんですよ。「隠してましたが私、芸人なんです。」こう言えば批判はされなかったでしょう。本当の”プロフィールを明かすわけですから。しかし、番組は女性が完全に一般人であるかのような扱いでコーナー終了。
テレビなので、仕組んでいる面は仕方ないかと思いますが、これはちょっと問題ありかと思います。

さて、話は変わりますが本日はおすすめのゲームについて。PSPのソフト『魔法少女リリカルなのはA’s PORTABLE −THE GEARS OF DESTINY−』についてです。「なのはGOD」と略されているゲームです。
PSPのリリカルなのはのゲームは2作目で今回は前回の続きとも言える内容となっています。
前作についてはまたの機会に。こちらの方が圧倒的に良いと思うので。

前作での「闇の欠片事件(『-THE BATTLE OF ACES-』)」から約3ヶ月後、遥か未来からアミティエ・フローリアンとキリエ・フローリアンが地球に現れます。「ある出来事」をキリエは達成させるために、アミタはそれを阻止するために戦います。その出来事は闇の書に関係する重大なことです。
なのは達に加え、この2人、そしてマテリアルズ達が重要人物として物語が展開します。ヴィヴィオ、アインハルト、トーマ達も過去の世界に飛ばされる形で参戦します。

このゲームの注目すべきはストーリー。普通こういったアニメ等のゲーム化、特に格ゲーはストーリーがイマイチな出来になりがちです。しかし、このゲームはリリカルなのはらしさ溢れる素晴らしいストーリー展開です。OVAくらいなら普通に作れるレベルのストーリーだと思います。

操作性も前作より良くなっており、なのはのオリジナル技「ハイぺリオンスマッシャー」やフェイトの「ソニックフォーム」など新しい要素もあり、前作では操作できなかったユーノとアルフ、そして映画では存在すら無かったような扱いですがアニメ版でも物語に大きく関わってきたリーゼ姉妹が2人で1キャラとして参戦。リニスやプレシア(本人ではない)も登場し、キャラが増えたことで一層楽しめるゲームとなっています。

フェイトの「ソニックフォーム」はかなり嬉しかったです。ただし防御が大幅に下がるので注意が必要です。
面白いのでなのはファンなら買って損はしないです。





posted by スモチ at 21:24| Comment(0) | リリカルなのは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。