2012年10月30日

キューピーも失敗はする! 私はカイトデッキを試行錯誤

キューピー3分クッキングで失敗があったと話題ですね。
私も卵焼きは綺麗にできませんけどね(笑)
誰だって多少の失敗はあるんだなぁって実感しました。

さて、今回は遊戯王のデッキについて書こうかと思います。銀河フォトンデッキです。カイト好きなんで使ってますがなかなか楽しいデッキです。ちなみにスリーブもカイトですよ。

モンスター17枚
銀河眼の光子竜 3
銀河騎士    3
銀河の魔道師  3
フォトンスラッシャー 3
フォトンリザード 2
フォトンサテライト 2
オネスト     1

魔法16枚
フォトンサンクチュアリ 3
銀河遠征        2
トレードイン      3
融合          2
死者蘇生        1
ブラックホール     1
大嵐          1
サイクロン       2
増援          1

罠7枚
リビングデットの呼び声 2
奈落の落とし穴     2
激流葬         2
神の宣告        1

エクストラ15枚
ツインフォトンリザード 2
輝光子パラディオス   1
超銀河眼の光子龍    1
聖刻龍−エアネード   1
No.61ヴォルカザウルス 1
No.12機甲忍者クリムゾンシャドー 1
始祖の守護者ティラス  1
No.9天蓋星ダイソンスフィア 1
セイクリッド・トレミスM7 1
セイクリッドオメガ 1
迅雷の騎士ガイアドラグーン 1
交響魔人マエストローク 1
No.39希望皇ホープ   1
インヴェルズローチ   1

まだ試行錯誤中のデッキです。基本的には銀河眼、銀河騎士を並べて殴る。機会があれば超銀河眼を召喚。
トレードインはレベル8モンスターが6枚あるため、相性も悪くないかと。銀河眼を落とせれば銀河騎士の効果を生かせますし。
また、スラッシャーとサテライトでのランク5エクシーズも狙えます。ティラスやヴォルカを出してもあまり意味がないときはクリムゾンシャドーをどうぞ。破壊耐性があり、先行初手でもティラスのように素材が無駄にならないのでそこは利点かと思います。ランク5が中心のデッキなら入れても損はしないかと。
ツインフォトンリザードの採用理由としては、手札からの展開をしやすくする目的もありますが、銀河遠征で守備表示で召喚された銀河眼を再召喚し攻撃表示にすることもできるので手札融合に拘る必要もない利点があることです。ただ、融合モンスター自体に頼るつもりがないので、あくまで場の展開補助用です。好みが分かれるかと思うので他の何かを入れても良いかと。

ただ、私のデッキは銀河フォトンである以前に銀河眼と超銀河眼で戦いたいという願望が強いのでこの構成が比較的良いのではないかなと自己満足してますが。
No.107 銀河眼の時空竜という情報も出てますので、どんなモンスターなのか楽しみでありどんなモンスターであれ何かを抜いてでも採用したいかなって考えてます。




posted by スモチ at 19:59| Comment(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。